歯医者の内覧会に参加して情報を集めて知識をつける

dentists

着色汚れの付着

生まれながらに歯が黄色いかたでなくても、生活していれば歯の黄ばみが気になる事があります。コーヒーやワイン、カレーなど、日常的に私達の歯を汚してしまう飲食物は多様に存在しているのです。

もっと知りたい!!

治療費を軽減

矯正歯科治療は、高額の治療費がかかりますが、医療費控除制度を活用することで、経済的負担を軽減することができます。医療費控除とは、年間の医療費が10万円以上になった場合、治療費の一部を還付してもらえる制度です。

▶もっと知りたい!!

内覧会に行こう

新しい歯科医院ができた場合は、内覧会が行なわれます。内覧会とは、歯科医院の内部を紹介したり、案内したりするものです。内覧会は、誰でも気軽に入ることができるので、気になる場合は足を運んでみましょう。

▶もっと知りたい!!

何度も通う必要性

歯医者で一度で治せない訳

虫歯になって歯医者に行き進行が悪化していると、大体の場合は複数回通うことになってしまいます。ちょこちょこやるくらいならば一度に全部やってくれればよいのにと思っている方も多い事でしょう。ですから歯医者イコール治療に時間がかかると思われているので歯医者が嫌煙されてしまうのかもしれません。これは法律によって患者一人に対する治療に関して一か月の点数の上限が決められていることにもあります。それ以外にも長時間顎を開いておくというのは意外にも辛いものです。短時間だから頑張っていられますがこれが一時間連続で開けていなければならないとなりますとかなり辛いでしょう。こういったことも考慮して大体歯医者では治療のペースが決められているのです。

進行状況によって治療が変わる

特に大きな虫歯になってしまった場合は一度の治療では完治させることができません。虫歯菌を完全に排除してからではないと詰め物をすることが出来ませんから、歯を削って虫歯菌を削ってしばらく様子を見なければ詰め物をすることが出来ないのです。それまでは仮の詰め物で様子をみることにしましょう。一度ですべて治してしまう歯医者は逆に怪しいかもしれません。虫歯菌が完全に除去されていないのに詰め物をしてしまうと虫歯が再発してしまいますので、更に状況が悪化してしまうことになってしまいます。歯医者に長く通わなければならなくなったのは自己責任でもありますから、虫歯が悪化する前に歯科検診などに通い虫歯のチェックをしてもらいましょう。